サックスの選び方

サックスを吹こう
YAMAHA

サックスを買うときってドキドキワクワクで、心も弾みますよね。

でもたくさんありすぎて、「何をどう選んで買っていいのか分からない」

っていう状況になりがちです。

そこでJunJunなりの選び方を書いてみますよ。

売っているサックスを選びやすいように分けてみよう

最近のサックスは色もバラエティーに飛んでおり、価格だってピンキリです。

材質も真鍮だけではなく銅が混ざっていたり、古青銅で銅像のような色だったり、

まずはカタログ上で選べるように、種類分けをしてみました。

価格で選ぶ

とても大事な要素です。

「安くてもサックスならそれでいい」であれば、2万円台からあります。

もちろんネット価格ですが、中国か東南アジアの『どこか』で作られたものがほとんどです。

高いものだと、本物の金メッキだったり、

材質そのものが銀で出来ていたりのものだと100万円以上します。

趣味で楽しむのであれば、100万円の楽器は必要ないと思いますし、

2万円では大人の趣味として実用には耐えられないでしょう。

実際に購入するあなたの懐具合や、どのくらい本気なのかにもよります。

普通に練習して、自宅やカラオケ屋さんで吹いて楽しむのであれば、

10万円台後半くらいの価格帯のサックスであれば、十分楽しめますし、

リペアさんに調整に出してもちっとも恥ずかしくありません。

使用しているキーのスプリングも標準的な材質ですから、

耐久性も特に問題ないと思いますよ。

メーカーで選ぶ

以前は、サックスと言えばセルマー、ヤマハ、ヤナギサワ でしたね。

今はたくさんあります。

カドソン、キャノンボール、イオ、シャトー、アンティグア、ゴッツ

ビュッフェクランポン、ポールモーリア、ユリウス・カイルヴェルト などなど

ここに並べたメーカーであれば、まず大丈夫です。

楽器の専門メーカーもあれば、

全国展開の楽器屋さんのオリジナルブランドのものもあります。

ということは、

楽器屋さんによって仕入れられるメーカーが違うことがある と言うことになります。

近くに楽器屋さんがあるなら全店舗行ってみて、

置いてあるカタログを片っ端から持って来ましょう。

色で選ぶ

同じ真鍮製で表面処理が “ラッカー” であってもセルマーとヤマハでは色が違います

セルマーは、より黄色がかってます。

個人的にはヤマハのラッカーの色のほうが好きです。

ヤナギサワの銅が混ざっているものは、少し赤いんです。

カドソンのアンティークな色も人気です。

高いですが、ゴールドプレートはさすがに誰の目にも美しい。

銀製で色も銀色のシルバーソニックは、渡辺貞夫さんのご愛用ですね。

色を塗って黒だったり白だったりもありますし、真っ赤に塗ったものもありますから、

お好みで選べばいいと思います。

材質で選ぶ

これは、音色が変わります。

真鍮製が一番多く出回っていますが、銅が混ざっているものや金銀や、その配合の割合でいろいろです。

基本的には、何か混ざっているものは値段も高めです。

音色が違いますので、それこそ楽器屋さんで吹いてみないと何とも言えません。

普通は、ごくごく標準的に真鍮製の物を購入してます。

いくつか候補を選べたら楽器屋さんで実物を手に取ろう

私の場合、寝る前に寝っ転がってカタログを見ながら

あ~でもない こ~でもない と、買ってもいないサックスを

想像しながら選んでいました。

今ほど種類のない時代ではありましたが、

すごく迷いましたね。

そして、よく楽器屋さんに行っては、試奏させてもらってました。

嫌な客だったかもしれません (汗)

キーは自分の指で押しやすい位置にあるか

実は海外製のサックスは外国の人の手に合うように少しキーの間隔が広く出来ています。

そのため手の小さな人は、指を大きく開かないとキーを押さえにくくなります。

その間隔に慣れてしまえば問題は無いのでしょうが、初心者が初めから苦労するなら

日本人の手に合いやすい国産サックスのほうが安心です。

特に薬指と小指に力が入らず、キーをちゃんと押さえられなくなります。

市販の握力強化のグッズを使って、トレーニングしている人もいるくらいです。

キーの硬さは強すぎないか

キーの強さは、針のような形のスプリングで決まります。

そのスプリングは海外サックスの安物では意外と粗悪品があって、

やたらと硬かったり耐久性に問題ありのものもあります。

また硬いだけではなく、動きがなめらかじゃないサックスもあります。

わりと有名なブランド名のサックスなのですが、私にはキーの滑らかさが足らず

むしろ硬くてうまく動かないくらいに感じるサックスがありました。

ほかの店に行って同じ型のサックスを出してもらったら、やっぱり硬い。

でも店員さんにはそうは感じないとのことでした。

この様に、カタログでは分からない部分や個人の感覚的なものもかなり有りますので、

必ず実際に手で触れて確認するようにしましょう。

極端に息苦しくないか

この吹き心地に関するところも人によって違うものなので、自分で好きなものを選んでください。

分からなくてもいいんです。

「自分に合ってそう」って感じたらそれがいいと思っていいんですよ。

シルバーソニックは、しんどいですよ。

純銀製でなくても金メッキもかなり勢いよく吹き込まないと音が出ません。

ジャズサックスの渡辺貞夫さんは、若いころよりもきつい楽器を吹くんだそうです。

若いころはノンラッカー 今はシルバーソニック。

このシルバーソニックはかなり息がきついそうです。

でも、簡単に出る音では渡辺さん自身が満足できないということで、息がきついシルバーソニックを吹くのだそうです。

あなたも私もプロを目指すわけじゃないんだし

あなたも私もプロでも何でもないし、そこを目指すわけでもありませんから

吹きやすくて楽しめる楽器がいいですよね。

ぜひ、あなたもご自分が気に入って、吹くことが楽しくなるようなサックスを手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました