サックスって初心者でも簡単に吹けるの ?

最初のサックス サックスを吹こう

結論から言うと、吹けますよ !

自分の唇を震わせて音を出す金管楽器 (トランペットやトロンボーン) と違って

『リード』という、震えてくれるものが付いてるからです。

実は金管楽器奏者にバカにされてるサックス

 こんな話があります。

ある、プロのトランペット吹きがサックスのことを、こう言い放ちました。

「サックスはよ、マウスピースを鼻のところに持ってきて「フンーーーーッ」と

息を出したら鳴るんだからよ  簡単だよ !」

まぁ確かにそれくらい音を出すのは簡単ですが、

そこまで馬鹿にされたくはありません。

とは言え

音を出すことだけでも大変な管楽器の中では、異色と言えるくらい簡単ではあります。

サックスの初心者でも、とりあえず音は出る

実は管楽器ですぐに音が出るというのは、凄いことなんです。

だからこそ、苦労して音が出るようになった、ほかの楽器の奏者からは

バカにされがちではあるのですが、簡単な事に越したことはありませんよね。

 

マウスピースに先ほど書いた”リード” と呼ばれる葦でできた薄い板をくっつけるんです。

くっつけるのは接着剤じゃないですよ。

リガチャーと呼ばれる専用の器具で取り付けます。

そのマウスピースをネックに取り付けて

ネックをサックス本体に取り付けて

マウスピースに思いっきり息を入れてみましょう。

吹けばいいんです。

口や唇の形なんて気にしないで、とにかく「ブゥーーーー」と吹き込んでみましょう。

 

どうです ?

音色はともかく、音は出ますよね。

この、音を出すだけで大変な楽器ばかりなんですよ。

ですので、初心者向けの管楽器と言ってもいいと思ってます。

 

今の段階での音は、

サックスと言うより ロバの泣き声 ですよね(笑)

サックスの初心者にも、指使いは簡単なの ?

サックスってたくさんキー(ボタンみたいな押すとこ) がたくさんあって、

とても難しそうですよね。

数えてみると指の数より多いし、こんなの困ります。

 

小学校の頃を思い出してもらえますか ?

リコーダー吹きましたよね。

「吹いたことないよ」って思いました ?

リコーダーと言うのは、たて笛 のことです。

みんな吹かされましたね。

その当時の上手い下手は関係ないですよ。

サックスの指使いは、なんと あの リコーダーと同じなのです。

ハードル下がりました ?

 

すぐに音が出て、指使いはリコーダーと同じ・・・

吹けるようになりそうな気がしてきませんか ?

サックス吹くのに、楽器を買わなきゃだめ ?

学校の部活ではないのですから、何とか手に入れたいものです。

大手のスクールに通うと、中にはレンタルさせてくれるところもあるようですが、

趣味で吹きたいのであれば、自分の楽器を手にする喜びも趣味のうちですね。

楽器屋さんに行くとある店員さんは、

「慣れないうちは高い楽器は吹きにくいですよ」と言い、

ある店員さんは、

「値段の高い楽器は、吹きやすいです」と言います。

どっちが本当なのでしょうか ?

 

私の経験からすると

高い楽器は吹きやすい・・・です。

最初私は 4万円くらいのサックスを買いました。

それでも大喜びしました。

自分のサックスですから。

そりゃあ、一生懸命に練習しましたよ。

やがて少しだけ曲が吹け始めると、別の楽器屋さんに行って

他のサックスを眺めたくなるんですね。

そのうちにショーケースから出してもらって

そのうちに試奏室で吹いたりして

ある程度の値段の物を吹いてみると

「吹きやすい !」

息の入り方が全然違うんですね。

キーを押すだけで、息を入れなくても管が振動して音階が出るんです。

「え゛~ こんなに違うんだぁ」 が、正直な感想でした。

 

とはいえ、高い買い物です。

まずは本当に自分でも音が出るのか

実際に吹いてみて、息が苦しくないか

ストラップで首から下げるが、重くて首が痛くならないか

続けられそうな趣味なのか

 

そんなことの確認に、何十万円も出す必要ははありません。

比較的簡単に手の届く金額のサックスから手に入れて、

自分に合う趣味なのかを

いろんな角度から体験して確かめるといいですよ。

最初は、安い楽器から始めて

調子が出てくるようなら、いいものを手に入れればいいのかと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました