トップへ戻る

日々の暮らし

おふろの残り湯で洗濯したときのメリットとデメリット

 

お風呂に入った後のお湯って

 

そのまま捨てるとなんだかもったいないですよね。

 

多くの方が同じ思いを持っておられるようで、

 

残り湯を捨てずに使う用途の一番は、

 

お洗濯です。

 

何事にもメリットとデメリットがありまして、

 

おふろの残り湯を使って選択することのメリットは、

 

1. 水道代の節約
2. 温かいお湯で洗った方が汚れ落ちが良い
3. 『なんだかもったいない』 を解消

 

 

デメリットは

 

1. あまり清潔感が無い
2. 残り湯の中の雑菌が心配
3. 部屋干しの時に、より臭くなりがち

 

 

 

 

まずはメリットから

 

1. 水道代の節約。

 

最近の洗濯機は洗濯物を放り込むと

 

勝手に重さを量って水と洗剤の量を表示します。

 

節約できる水の量は、単純にその量ですね。

 

 

洗いを何回 とか

 

すすぎを何回 とか

 

設定できるものもありますので、

 

その回数分の量が、節約できることになります。

 

 

何回に設定しているのか

 

週に何回洗濯するのか

 

一回にどのくらいの量の水を使うのか

 

 

大まかでいいのでその量を足して、

 

送られてくる水道料金表と見比べて、

 

おおよその節約できる金額を計算してみれば

 

より具体的に嬉しくなります。

 

 

 

次のメリットは

 

2.温かいお湯で洗った方が汚れ落ちが良い

 

これは、食器を洗う時に如実に表れますよね。

 

特に油物を洗う時は、常温の水道水ではなかなか落ちません。

 

でも温水で洗うと、 かなり早く油が落ちます。

 

洗濯物の汚れに色々ありますが、皮脂つまり身体の油も

 

かなりついています。

 

洗剤も化学反応を起こすわけですから、

 

温度はある程度高い方が、反応が良いわけです。

 

 

 

最後に

 

3. 『なんだかもったいない』 を解消できること。

 

 

人によってはこちらの方が大きいのかもしれませんね。

 

お風呂の湯舟には、

 

普通は 180リットルから200リットルの水が入ります。

 

 

翌日は沸かし湯で、と言う方もいるでしょうし、

 

毎日新しくお湯をためる方も多いことと思います。

 

 

湯船の底の栓を引っこ抜いたら全部流れて消えます。

 

私も何度も 「なんだかもったいないなぁ」 と思ったものです。

 

 

この「もったいないなぁ」 が、ほぼ毎回解消されれば

 

ストレス、だいぶ変わるような気がしませんか ?

 

そうであれば、これも大きなメリットです。

 

 

 

 

 

では次にデメリットです。

 

1. あまり清潔感が無い

 

2. 残り湯の中の雑菌が心配

 

3. 部屋干しの時に、より臭くなりがち

 

の3つでしたね。

 

 

このデメリットは

 

おふろの残り湯にいるらしい、雑菌が原因のようです。

 

 

残り湯の雑菌が心配

 

あらためて、これらのデメリットを見て行きましょう。

 

 

1. あまり清潔感が無い

 

これは感覚ですので人によって大きく違うのかもしれません。

 

普通に考えれば、残り湯には家族分の皮脂が溶け込んでます。

 

いきなり湯船につかる人はあまりいないと思いますが、

 

しっかり石鹸などで洗ってから湯船に入る習慣があったとしても

 

汚れや皮脂が完全に取りきれるわけもありません。

 

おじいちゃんやお父さんが、

 

昔ながらに湯船の中で顔を洗って 「ふぅ~」っと

 

言ってるかもしれませんし、

 

お子さんが湯船の中にもぐって遊んでいるかもしれません。

 

小さい子やお年寄りは、中で失禁してることもあります。

 

 

まぁ、綺麗なはずはありませんよね。

 

この 「汚れ」を雑菌がえさにします。

 

 

 

2. 残り湯の中の雑菌が心配

 

温かいので雑菌が居れば、繁殖するはずです。

 

水道の蛇口から出た水道水は、世界的に見ても

 

トップクラスの清潔さと美味しさだそうですが、、

 

時間が経てば大腸菌がどんどん繁殖するようですし、

 

家族が入った後のおふろの残り湯に雑菌がいない

 

はずはありませんよね。

 

 

とはいえ、その雑菌はさっきまで私と共存していた菌です。

 

直接悪さをすることはないと思いますが、

 

洗いにだけ使用して、すすぎは水道水を使うという

 

使用方法ならだいぶ違うのではないでしょうか。

 

 

そして、残り湯はその日のうちに使うことがお勧めです。

 

なぜなら、ある研究機関の資料によると

 

お風呂の雑菌は一晩おくと、1000倍くらいに増殖するようです。

 

なので、今晩中の洗濯がお勧めなんです。

 

菌は少ない方が良いですからね。

 

 

ただ、そうなると

 

ますます次の 3 番目のデメリットが大きくなってきます。

 

 

3. 部屋干しの時に、より臭くなりがち

 

朝ぶろなら問題ないですが、

 

夜に残り湯で洗濯して、夜に外に干すのは抵抗ありませんか ?

 

季節にもよりますが、夜露で濡れたり凍ったり、霜が降りたり

 

下着ドロボーだっていますよ。

 

なので、夜の洗濯ものは大体部屋干しになります。

 

 

最近のテレビCM でもありますが、

 

部屋干しの際の洗濯物の嫌な臭いは、雑菌が原因です。

 

せっかく汚れが落ちたのに

 

臭いでがっかりするかもしれません。

 

 

衣類の乾燥機があればいいのでしょうが、

 

無い場合は、干してある部屋に除湿器をかけるとか

 

扇風機で風を送るとか、

 

そのままただ干しておくより

 

はるかに臭くならない効果があるそうですよ。

 

 

 

まとめると、

 

おふろの残り湯は、その日のまだ温かいうちに

 

『洗い』 の時だけ洗濯に使用し

 

部屋干しなら除湿や風をあてることで

 

嫌な臭いも防ぐことが出来る。

 

 

 

これで、おふろの残り湯全部を捨てることなく

 

より効果的に役に立てることが出来ます。

 

 

 

 

page top