トップへ戻る

日々の暮らし

日本人は何故一斉に休みたがるのか

 

一部のサービス業を除くと
一般企業のほとんどが 土日や祝日
年末年始やゴールデンウィーク、お盆に休みます。

 

その時期になると、嫌になるほどたくさんの人が動きます。
何故でしょう ?

 

 

日本人は、みんなと違う事をするのが嫌なんです。
みんなと同じだと、安心するんです。

 

目立たない みんなと同じ行動をとる
そんな子が良い子だとして、育ってきませんでしたか ?

 

少なくとも私たち世代は、『個性を伸ばす教育』 ではなかったように思います。

 

その考え方がしっかりと染みついた大人たちは
みんなが休みの時に休むのが安心なんです。

 

 

それからもう一つ、

 

どの企業も取引先が休みだと都合がいいからです。

 

なので、サービス業界だけは、
お客さんが動く、土日や祝日などは営業しているんですね。

 

お金にならない日を休みにしよう という事です。

 

 

 

でも疑問が出てきます。

 

どこの会社にも有給休暇と言うものがあるはずです。
この制度を利用すれば、みんなが働いている時に
ゆっくり休みが取れます。

 

でも、有休をとらない  何故 ?

 

日本人は有給休暇を取らない

 

有給休暇、
これは会社案内には必ず『年間〇〇日』と書いてありますが、
有給休暇を含めた年間休日数なんですね。
企業が従業員に与える待遇の良さの指標でもあります。

 

じゃあ、その待遇を満喫してるでしょうか ?

 

絶対にしてません (笑)

 

平日に有給休暇を取れば
行楽地への大渋滞や、待ち時間の長蛇の列を回避できます。

 

でも、有休はとらない。

 

日本人が有休をとらない理由とは

 

1. 職場に有休をとりづらい雰囲気がある
2. いつ、病気やけがをするかわからないので
  それまで使わずにとっておく
3. いつか長い休暇を取って海外に行くかもしれないから
4. 昇進に響くから
5. 会社が傾いた時、リストラの対象になりたくないから
6. 休む理由が見つからない
 ( 休んでもやる事が無い )

 

1. 職場に有休をとりづらい雰囲気がある
これはありますよね。
みんなが働いているのにどうしてお前だけ休むんだ ? 的な
雰囲気の事です。 休みが終わって職場に行ったときの
何とも言えない気まずさ !
これは、社風と言うより先輩社員の頑張りすぎ。
自分が有休をとらないからと、
若い社員にまで『有給取るな』光線を浴びせるんですね。
先輩社員が率先して有休をとり、従業員の当然の権利として
会社にアピールしていくべきです。

 

2. いつ、病気やけがをするかわからないのでそれまで使わずにとっておく
これも分かりますね。 例えば、有休を全部とって旅行に行ってきました。
その後体調を崩してしまい、仕事を休まなければならなくなりました。
有給休暇は全て消化してしまった後なので、
一日休めば一日分の給料が、差っ引かれることになります。
これは辛いですから。

 

3. いつか長い休暇を取って海外に行くかもしれないから
以前の職場にこのために有給を取っておくという人がいました。
でも、その人は一度も長期の旅行に行きませんでした。
そして、定年退職していかれました。

 

4. 昇進に響くから
不思議なことですが、上司が査定する評価に影響するみたいなんですね。
査定には、本人を含めて3人で評価するところが多いようですが、
『上司の胸先三寸』で決まるとすれば、有休なんて極力取りたくないです。

 

5. 会社が傾いた時、リストラの対象になりたくないから
これはつまり、有休をとる奴なんて会社に対して頑張ってはいない。
そう評価されてるのと同じです。
もし、同じ実績をあげている同僚がいたとして、
休まずに働いている方が価値があるという評価です。

 

おかしな話です。
休日を取っても同じ実績を出す人の方が
優秀に決まってます。

 

6. 休む理由が見つからない ( 休んでもやる事が無い )
これは、日本人 特に年配の先輩社員に多いです。
そもそも趣味を持っている人が少ないです。
休みをとってもやる事が思い浮かばず、
家の中にも居場所がない・・・
だったら今日も働こう
その人たちの手前、自分だけ休みづらい・・・

 

とんだ迷惑です。

 

日本人が一斉に混んでるところへ行く不思議

 

混んでると分っていても、なぜかそこへ行きます。
行列があると並びたがります。

 

私は若い頃コックをやっていました。
休みの日は平日です。

 

遊園地や動物園、海や観光地
どこへ行っても人はまばらです。

 

超人気の遊園地は別として
たいがいの乗り物やアトラクションは
並ぶ事なく乗れます。
お昼だって、園内のレストランはガラガラ。

 

観光地のお土産屋さんは
休みのお店が目立ちます。

 

人のいない海、寂しいです。

 

そうなんです。
たくさん人がいないと寂しいし、
ウキウキしないし、
落ち着かないんです。

 

これも日本人気質なんですね。

 

誰だって人混みは嫌いです。
並ばないで、早く目的を達成したいんです。
なのに、自分だけ浮いてしまうのが怖くて落ち着かない。
たくさんの人と同じだと安心できるんです。

 

仕事で知り合った外国人と話したことがあります。
彼は言いました。
「なぜ、日本人はわざわざ混んでる日に
 混んでる場所に行きたがるのか ? 」

 

その時は、職場の休みが日曜日だからしょうがない と
答えたのですが、
外国の人は、そのために有休を使って人混みのない日々を
のんびり満喫するのだそうです。
一人でも、自分の家族だけでも全然平気なのだそうです。

 

一説によると
彼ら西洋人は狩猟民族です。
われら日本人は農耕民族です。

 

農耕民族は、集団を作り一つ所で作物を作ります。
元々移動しませんから、まとめて有休をとって
長期バカンスで、のんびり自由を満喫するなんて
向いてないのかもしれません。

 

農業は、休んでいたら作物の成長に支障をきたしますから。
働き続ける事で、心の安らぎを感じる『休み下手』な人たちなのかもしれませんね。

 

 

page top