サックスはなぜか木管楽器 金属製なのになぜ ?

サックスを吹こう

上の写真は私のサックスです。 どう見ても金属製なのに木管楽器です

サックスに憧れて楽器屋さんに見に行った人はたぶん同じ疑問を感じたと思います。

サックスが木管楽器の部類にあることを。

色は金色とが銀色

触らせてもらって、軽く爪が触れたりすると金属音がする。

間違いなく金管楽器だと思いましたよね。

木製のクラリネットは木管楽器ですから。

金属製のトランペットは金管楽器だし。

これから、その不思議な分け方の訳を解説しますね。

サックスもフルートも何故か木管楽器

おかしいと思えるのはサックスだけではありません、金属製のフルートも木管楽器なんですね。

ある資料によると、サックスは昔木製だったなんて書いてありましたが、全くのでたらめです。

サックスの発明者である『アドルフ・サックス』さんが初めて作った時から金属製でした。

と言うことは、木管とか金管とかを決めている要素は、どうやら材質ではないらしいということです。

サックスは木管だの金管だの分ける基準は材質ではなかった

では一体何を基準に分けているのでしょう。

金管楽器と言うのは、トランペットやトロンボーン、ホルンやチューバ などですが、共通点は楽器のマウスピースを唇に押し当てて唇を震わせて音を出しているということです。

サックスはマウスピースにリードを付けて息を吹き込むことにより音が出ますが、振動するのは唇ではなくこのリードですよね。

つまり、唇を震わせて音を出す (リップリード) のか 唇以外を震わせて音を出すのか の違いなんです。

リップリード方式の物を金管楽器と言うんです。

 

唇を震わせて音を出すのかどうかが決め手

こうやって調べてみると、唇を震わすのが金管楽器で、そうでないのが木管楽器 と覚えればいいみたいです。

トランペットやトロンボーンのマウスピースを観たことありますか ?

写真の吹き出しの部分がマウスピースです。トロンボーンやスーザホン、チューバも大きさこそ違えど同じ形です。この銀色の部分に唇 (リップ) を当てて「ぶーっ」と震わしてその振動が管の中を通りながら大きくなって音がでるんですね。

だったら、リップ楽器とそうでない楽器 とか呼び方で分ければよかったと思いませんか ?

最初に考えた人、おかしいですよね。

ならば『アルペンホルン』や『ほら貝』は

アルペンホルン

アルペンホルン

アルペンホルンをご存知ですか ?  スイスの山辺りで吹いているイメージのある長ーい管楽器で、ベルの部分は地面において吹いてるやつです。 あれはどうやって鳴らしているのでしょうか ?  唇を振動させているんですよ。 だから、アルペンホルンは金管楽器です。 この写真からも金属製とは思えませんけどね。

同じように唇を振動させる ほら貝 や つの笛 も金管楽器ですよ。

いや~、驚きです。

音楽の世界は、私たちが描くイメージで話を進めると とんでもなく混乱しそうです。

 

リードの種類

一方、いわゆるリードを振動させて音を出す楽器では、サックスを初めクラリネットのように一枚のリード゛を振動させるものを『シングルリード属』  ファゴットやオーボエのように二枚のリードを振動させて音を出すものを『ダブルリード属』といいます。

じゃあ、金属製なのにリードもないフルートやピッコロは何で木管なの ? ですが、これらの楽器の音を出す仕組みは、私たちが小さいころ瓶の口に斜めに息を吹きかけることで「ぼーっ」て音を出したように息を吹きかけてその息がうまい具合に二手に分かれる時の音ですよね。これを『エアリード属』と呼ぶのだそうです。 あの「ぼーっ」は、息が二手に分かれる時の空気の振動の音だったんですね。

フルートやピッコロは、息を二手に分けるのを自分の唇の形や角度で調整していますが、リコーダーは一つの穴から息を入れるだけで息が勝手に分かれるようにできてますね。咥える部分の少し下にある穴から息が分かれて出ていくようにできています。これを『リコーダー族』と言います。

ついでにオカリナはどうよ なのですが、『リードレス属』と呼ぶのだそうですよ。

どうでもいいことですけどね。

インターネットでサックスのメーカーや色合い、値段を調べてみようと楽器屋さんを検索したとするじゃないですか。 楽器屋さんのサイトによっては楽器が分類されていて、管楽器とか打楽器とかに分かれてるんですね。そして管楽器の中は金管楽器と木管楽器に分かれているんです。サックスが金管楽器だと思っていたころは、「え~、この楽器屋さんはサックス売ってない !」なんて、本気で思っていました。 金管楽器の中にはありませんわな。

でも勘違いしている人多いと思いますよ。っていうか、みんな間違えていると思います。

そこへいくと日本の楽器は素直でいいです。 横笛なんてもろ木製ですから間違えようがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました