トップへ戻る

老いへの対応と介護の仕事

介護職 未経験で資格なしだけど仕事に就けるの ?

 

 

「介護の仕事をしてみたい」

 

心の中でそんな声がしている人は少なくありません。

 

そんな人たちの不安として 『未経験』 『資格無し』 があります。

 

介護施設の全部ではないですが、

 

未経験で資格無しの人も募集しています

 

最初は誰でも素人です。

 

希望をしっかり持ち続けてください。

 

 

介護施設が未経験者や無資格者でも採用する理由とは

 

最初から未経験の仕事を出来る人なんていません。

 

もちろん経験を積んだ人が介護職として入ってくれれば

 

とても助かりますし、みんなの負担も減ります。

 

 

ですが、職員の増加より利用者さんの増加の方が

 

速いんですね。

 

ちなみに病院で言う患者さんの事を

 

介護業界では『利用者さん』 と呼ぶところが多いです。

 

 

 

だから、慢性的な人手不足です。

 

 

それで未経験の人でも

 

どうぞ来てください ってなるんです。

 

 

 

じゃあ、未経験でも介護の仕事は出来るのかというと、

 

出来ません

 

 

これは介護職に限らず、

 

どんな仕事でもそうですよね。

 

 

就くことはできますが、

 

仕事は一つ一つ覚えていかなければなりません。

 

 

利用者さんへの声のかけ方から始まって、

 

車いすでの移動

 

車いすから寝台への移乗

 

排泄の介助の仕方

 

入浴の介助の仕方

 

食事の介助の仕方

 

更衣の仕方

 

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

 

やる事 = 覚える事 はたくさんあります。

 

 

 

介護の仕事ってどのくらいあるの ?

 

 

人が日常の生活をしていくこと全部

 

介助する必要が出てきます。

 

もちろん利用者さんの状態によります。

 

 

ある人は車いすで移動するけど

 

つかまり立ちが出来るので

 

トイレで用を足せる。

 

 

ある人は同じ車いすでの移動でも

 

つかまり立ちも出来ないので

 

排泄は居室の寝台の上でオムツ交換。

 

 

この人は自分で歯を磨けるけど

 

あの人は手伝ってあげないと磨けない。

 

 

などなど

 

利用者さん出来る事とできない事(ADL) をよく把握することが

 

大切なことになります。

 

 

介護の仕事に未経験で就くことで問題はないの ?

 

仕事に就くことは

 

比較的簡単です。

 

既に書いた通り 人手不足だからです。

 

 

引く手あまた とはいえ、気を付けて欲しいことがあります。

 

1. 介護の仕事の良さも大変さもちゃんとイメージしておく

 

2. そこの施設でちゃんと教育 (研修 ) を受けさせてくれるか

 

 

この二つの事はしっかり押さえてから動いてください。

 

 

 

1. 介護の仕事の良さも大変さもちゃんとイメージしておく

 

ただ、気を付けて欲しいのは

 

かなり辞めていく人も多いよ ということです。

 

どうしてでしょう ?

 

この仕事は 『人の役に立ちたい』という、

 

人間の本質的な欲望を満たしてくれます。

 

 

でも、辞める人が多い。

 

速い人だと、翌日から無断欠勤で そのまま・・・

 

 

たしかに、介護の仕事は大変です。

 

ですが、辞める理由の多くは

 

それをイメージしてこないところにあるんです。

 

 

どんな仕事内容で

 

どんなものを目にし

 

どんな臭いをかぎ

 

どのくらい汗をかくのか

 

 

事前のイメージや心の準備が

 

あまりにも出来てない状態で

 

入ってくる人が多いんです。

 

 

天気のいい日に

 

葉っぱの生い茂った木々の間を

 

車いすを押して利用者さんを

 

散歩に連れて行ってあげる。

 

 

そんなイメージで入ってきた人が

 

私の施設にもいました。

 

もちろんすぐに辞めていかれましたよ。

 

 

人の日常生活を手助けするんです。

 

きわめて泥臭い地味な仕事の連続です。

 

 

便の臭いに耐えられない

 

目の前で、おしっこを漏らされた

 

ご飯を食べさせてあげる時に

 

口の中にかみ砕いた食事の中身が見えた

 

着替えさせてあげる時の体臭や埃が我慢できない

 

 

苦手なものは人それぞれですが、

 

どれか一つでも我慢できないものがあると

 

耐えて仕事を続けるのはストレスになります。

 

 

 

実は私は、便の臭いや見た目に耐えていけるか

 

とても心配しながら仕事に就きました。

 

 

自分の子供のオムツを変える時でさえ、

 

オエッと吐き気が出ましたから。

 

 

ですが、

 

やってみると、

 

全然 大丈夫だったんです。

 

まだ一度も吐き気をもよおしたことはありません。

 

自分でも不思議なのですが、

 

自分の反応が予想に反する事ってあるんですね。

 

 

あまりよくない言い方ですが、

 

ペットを飼っていて、

 

犬や猫の排泄の始末を普通にやっている人は

 

割と問題なく、人の排泄介助もこなします。

 

 

でも、耐えられるかわからないなりに、

 

ちゃんとイメージしておくことは重要なことです。

 

綺麗なイメージだけを抱いて来ると痛い思いをしますよ。

 

 

 

イメージしにくいのが、

 

認知症の方の特徴の一つでもある、

 

同じことを何度も言う というのがあります。

 

 

これは意外にストレスです。

 

同じことを何度も言う という事は、

 

同じことを何度も返事してあげるという事です。

 

 

自分の家族だったら

 

「いい加減にしてよ !! さっきも言ったでしょ !!」

 

となるようなことが、

 

毎日当たり前に起きます。

 

 

それと、入浴介助は

 

サウナ状態です。

 

汗かきますよ。

 

 

 

それでも続けている職員はたくさんいて、

 

結構仕事中に笑顔もあって、

 

楽しそうにやっています。

 

 

 

そうできる内容が、

 

この仕事にはある という事です。

 

 

 

2. そこの施設でちゃんと教育 (研修) を受けさせてくれるか

 

 

人に対するお仕事ですから本来ならきちんとした研修を受けて

 

資格も取ってから仕事に就くのが理想です。

 

 

その過程を経なくても受け入れようとする施設としては、

 

人手不足と言う事情がある と言うのは既に書きました。

 

 

『教育を受けさせる』、『研修に行かせる』 というのは

 

介護の現場から、その時間は離れてしまうことになりますよね。

 

人手不足だから採用したのに、研修に行かせるのは

 

施設としてはとても痛いんです。

 

でも、利用者さんの事やこれから長い目で考えたら

 

間違いなく教育を受けて資格を持っている職員が

 

多いに越したことはありません。

 

 

今の事情を優先する施設なのか

 

きちんとやるべきケアをしようとしている施設なのか

 

面接を受けるあなたが、逆に施設を面接してくださいね。

 

 

 

このように、介護職の仕事は最初は未経験でも就けますから

 

人の役に立ちたい とか

 

人に喜んでもらいたい とか

 

そんな思いがあるのでしたら、

 

ぜひ、勇気を出してこの世界に飛び込んでみてください。

 

 

page top