トップへ戻る

老いへの対応と介護の仕事

介護の夜勤は怖いことが起きるの ?

 

 

『夜勤』 って 気になりませんか

 

夜の時間帯っていうだけで

 

「何が起きるんだろう ?」 って怖くなりますね。

 

 

介護施設での夜勤は、基本一人か二人で行います。

 

だから怖いんです。

 

 

急に体調に変化があったり、転倒してしまったり

 

施設によっては『幽霊』だって出てきます。

 

 

介護の夜勤で怖かった事とは

 

私が夜勤の時に

 

利用者さんの一人が、お亡くなりになりました。

 

いきなりですみません。

 

 

私がパジャマに着替えさせて寝かせてあげてから

 

最初の巡視 (2時間おきに様子を見る事) の時に

 

亡くなっているのを発見しました。

 

 

グループホームでは、具合が悪くなって病院に搬送されてから

 

数日たって病院で亡くなることの方が多いと聞いていたので、

 

私も驚きました。

 

と言うより、

 

目の前で起きた事を信じられませんでした。

 

しかも、この仕事に就いて半年の初心者の時でした。

 

まさか介護職になりたてで、しかも自分が夜勤の時に・・・

 

 

フロアにいる夜勤職員は私一人です。

 

グループホームは9人の利用者さんに対して

 

夜勤の職員はたいがい一人になります。

 

 

3階建ての施設でそれぞれの階に一人ずつ居ますので

 

( 1階は多機能施設 )

 

建物には夜勤者が3人居るわけです。

 

内線で指示を貰って何とか対処しました。

 

でもその人たちもそのフロアに一人なので、

 

自分の担当階を放ったらかしには出来ません。

 

 

救急隊が到着するまで、人工呼吸 (本番は初体験) し続けたので

 

心肺停止でも病院に搬送してくれました。

 

病院では、胸の大動脈瘤破裂 が死因と診断されました。

 

 

契約している医師との連絡や救急隊の要請、家族への連絡、

 

施設の責任者への連絡 などなど、かなり疲れました。

 

 

別のフロアの夜勤者がナースや近くに住んでいる職員を

 

電話で呼んでくれたので、来てはくれましたが救急隊か来た後でした。

 

 

人生の最後に近い人たちをケアする仕事 というのは

 

こういう事なのだなぁと 実感した出来事でした。

 

たまたま夜勤帯に起きた出来事であって、

 

時間に関係なく起こり得ることとして

 

認識しておいた方が良いです。

 

 

他には、排便したものを触って、

 

その手で布団や壁を触りまくられたことですかね。

 

これはたった一度だけでした。

 

 

あとは、別の職員の夜勤時ですが、

 

一人で書類を書いている時に

 

『どす~ん』 という音がしたそうです。

 

転倒したときの独特の いや~な 音です。

 

 

通常、転倒しそうな方の居室には

 

動いたら反応するセンサーが付いているのですが、

 

その時はなぜかセンサーは鳴らず

 

普段から歩けない利用者さんが歩けるつもりで

 

寝台から立ち上がろうとして転倒したんですね。

 

 

 

 

どんな業界に居ても、

 

一年に一回や二回は

 

予想外に出来事が起こるわけで、

 

介護職だから・・・という事ではないですよ。

 

 

先にも書きましたが、

 

本当に一人ではどうにもできない時は、

 

他のフロアの職員に手を貸してもらうことは出来ます。

 

 

ですが私の場合、

 

お亡くなりになった時以外で

 

手を借りるほどの事件は起こりませんでした。

 

 

慣れないうちはいいのですが、

 

慣れてくると要領がつかめる分、時間が出来て

 

眠くなります。 

 

何たって『夜勤』ですからね。

 

眠いのに起きているのは辛いものです。

 

 

あとは、一度だけ お化けが出ました。

 

これは、翌日に他の職員に言ったら

 

「やっぱりね」 って言われたので、

 

やっぱいるんだ ! と思いました。

 

 

・・・とまぁ、このくらいです。

 

 

介護の夜勤は、想像程 辛い事はありませんよ。

 

 

介護施設の夜勤は、一般的にはどうなの

 

募集の記事や広告を見ると

 

『シフト』と書いて、4種類の時間帯が載ってます。

 

施設によって様々ですが、

 

その時間帯の最後は

 

たいがい夜の時間帯です。

 

 

それを見て、「あぁ、夜勤やらなきゃダメなんだぁ」

 

って思って、夜勤の事がよくわからないために

 

躊躇している人もいるようです。

 

 

まず初めに、

 

夜勤やらない職員もいますよ。

 

施設や会社との話し合いで決めます。

 

夜勤も日勤も出来ないと

 

正社員にしてくれない施設もありますが、

 

中には正社員扱いにしてくれる施設もあるようです。

 

給料も変わってきますし、

 

その辺は、ご事情を話してみてもいいかと思います。

 

 

 

さて、夜勤 に話を戻します。

 

介護職の夜勤って辛いの ?

 

 

結論から言うと

 

慣れれば日勤より楽です

 

( 現在入所されている利用者さんにもよりますが・・・)

 

 

私はグループホームなので

 

担当する人数は多くても9人です。

 

ほかの施設では、それより多いことも少ないこともあります。

 

 

その人数の利用者さんたちを

 

一晩、一人で面倒見ます。

 

 

「えっ ? 一人で ?」 って思いました ?

 

 

昼間、一人では絶対無理ですね。

 

なぜ、夜は一人なのでしょうか

 

それは、皆さん夜は寝てるからです。

 

 

中にはなかなか寝ない人もいます。

 

寝てるけど、大声でわめいてる人もいます。

 

30分おきにトイレに起きて来る人もいます。

 

寝てる間に尿取りパットを股間から抜き取って

 

部屋の中に放り投げている人もいます。

 

 

いろんな人はいますが、

 

基本、その人その人に応じて

 

数時間おきに起こしてトイレにお連れしたり

 

オムツを変えてあげたりするのが

 

仕事のほとんどとなります。

 

 

グループホームのような小さい規模の施設であれば

 

利用者さんの朝食も夜勤者が作ります。

 

食事を作る事に関しては

 

レシピも食材も作り方も全部用意してあるので

 

心配することはありません。

 

 

なので、利用者さんのそれぞれのクセ

 

例えば、

 

この方は3時間以上放っとくと失禁する とか

 

0時を過ぎるとわめきだす とか

 

夕方下剤を飲ませているので夜の間に便が出そうだ とか

 

この人は自分で起きて歩いてトイレに行けるけど

 

あの人は車いすに移乗してトイレに連れていく とか

 

この人は横になったままオムツを交換する とか

 

そんな事を掴むまでが大変なだけです。

 

 

始めのうちは、けっこう振り回されますが、

 

慣れてくれば、本を読んで過ごすことも出来ます。

 

日中、皆さん起きていてそれぞれの事情に対処する方が

 

余程大変だと感じています。

 

 

 

私がいる施設の場合ですが、

 

夜勤は夜18時から 翌朝9時まで の勤務です。

 

夜勤明けの翌日は、公休となります。

 

なので、3日間で15時間だけ働けば、夜勤手当がつきます。

 

逆に言えば、3日間で15時間しか働けません。

 

 

時給の人は不満ですね。

 

フルタイムで働けるのであれば

 

夜勤やるなら月給にしてもらわないと損しますよ。

 

 

page top