トップへ戻る

老いも若きも綺麗で元気

生まれに感謝

 

 

人はだれでも生れてくる時期や場所、

 

そして親を指定することはできません。

 

 

決してお金持ちの家ではありませんでしたが、

 

世界の中では最も安全と言われる日本に、

 

戦争のない時期に生れることができたことは、

 

世界の何十億の人々からは羨ましがられるものと思います。

 

 

ですので、まずは感謝です。

 

 

私は長崎県の小さな島で生まれました。 

 

佐世保から船で一時間程度でしょうか。

 

 

島の中で済むことならいいのですが、

 

ちょっとしたことでも船で佐世保へ。

 

 

この船が揺れるんですね。

 

船酔いに慣れることはありませんでした。

 

 

6歳までしか居なかったのでそれほど多くの記憶はありませんが、

 

ご飯のおかずは魚が多かったと思います。

 

 

父親はサラリーマンです。 

 

母親は専業主婦、あの時代は共働きのほうが少なかったのではないでしょうか。

 

 

島で一番の文明は、バス です。

 

 

私は大きくなったら バスの運転手 になろうと思いました。

 

 

あんなに大きなものを自由に動かせるのが、

 

カッコ良かったんです。

 

 

引っ越しが好きな家庭で、

 

その島の中だけでも つまり 6年の間だけで 

 

最低でも3回は引っ越ししてます。 

 

 

幼稚園の年長さんの時に長崎を出て、

 

兵庫県の尼崎で小学校にあがりました。

 

 

それから群馬県の前橋 

 

福岡県飯塚市 そして博多 

 

名古屋へと引っ越し、通った小学校は5校。

 

 

名古屋で中学校にあがり、

 

中2の時に両親が離婚。 

 

父親と兄の三人暮らしが始まりました。

 

 

それでも精神的に幼かった私は、

 

母親のいない毎日は辛いものでした。 

 

 

中2の終わりころ、

 

環境を変えようということで横浜に引っ越します。

 

 

横浜では、私の家庭の事情がすぐにばれたようで、

 

いじめに遭うようになりました。

 

 

食べ物は苦労した方かもしれません。

 

 

お金がなくて食べられなかったわけではありませんが、

 

いわゆる手作りの食事が極端に減りました。

 

 

シーチキンや納豆、少しずつ出回り始めた冷凍食品。

 

そんなものばかりを食べていました。

 

 

当時の冷凍のコロッケは、

 

油の中で衣が破れることが多く失敗も繰り返しましたが、

 

そのうちに美味しそうなきつね色に 

 

ホクホク サクサクに揚げられるようになっていました。

 

 

学校では、相変わらずいじめられており、

 

気持ちが原因で体調もおかしくなり、

 

シーチキンや冷凍食品での栄養の偏りから視力が低下し、

 

角膜炎をおこして、

 

医者に行くのが遅れれば失明という危ない状況でした。

 

 

授業中に先生がいる時でも 

 

「夜逃げ 夜逃げ」と母親がいなくなったことや、

 

夜逃げ同然に横浜に引っ越してきた 

 

ようなことを言われていました。

 

 

先生も、特に止めさせるでもありません。

 

 

何度も転校したことは既に書きましたが、

 

それぞれの学校に思い出があります。

 

 

ですが、この横浜の中学にだけは、全く情が湧きません。

 

 

学校も先生も、そしてずっと母を恨みましたね。

 

 

学生から転職人生へ

 

 

暗黒の中学時代から打って変わって

 

高校時代は楽しいばかりの3年間を過ごし、

 

父親の頑張りで大学も出してもらえました。

 

 

大学は、電気や通信が好きだったせいで、

 

通信工学を専攻し順風満帆な人生になるかと思いきや、

 

学生時代のバイトが縁で、就職はレストラン。

 

 

父親は驚きました。

 

自分も驚きました。 

 

なんせ気が付いたらフライパンを振ってましたから。

 

 

12時間以上の仕事が当たり前の世界です。

 

10年余りが経ち、普通のサラリーマンをやってみたいという

 

ぜいたくな思いが頭の中を支配するようになりました。

 

 

せっかくこの世界にいたのだから、

 

『店を出す』 という選択肢もありましたが、

 

自分だって腹が減ってご飯を食べたいときに

 

人のご飯ばかりを作るという毎日が嫌になっており、

 

調理師の資格を取って自分の人生の証を作ってから転職しました。

 

 

ちょうど阪神淡路大地震や地下鉄サリン事件があった時期で、

 

世の中は、大不況に転落していく時でした。 

 

 

通販の会社で一からやり直すこととなりましたが、

 

会社は倒産。 

 

いくつもそんな転職があって、

 

気が付けば定年まであと何年かを残すのみ。

 

 

30の手習いでパラグライダーで空を飛び

 

40の手習いで家庭を持ち

 

50の手習いでサックスを吹いた。

 

 

今更ながら

 

人の役に立ちたい。

 

さあて、60の手習いで何をしようか。

 

世の中に何かを発信したい。

 

終活として仕事をとらえてみる

 

今までの人生は、どのくらい人の役に立ったのだろう ?

 

私のために何人の人が傷ついたのか

 

そう言えば、きつい言葉を発していたなぁ

 

辞めていったあの人、原因は私にあったのかも・・・

 

ふと気が付くと、私はいつも自分の事ばかり考えていた

 

中学時代のあの事件以来

 

私は心を閉ざしていたような気もする。

 

誰彼構わず、

 

不満を他人にぶつけていたかもしれない。

 

 

 

何か役に立ちたい

 

今更だけど

 

誰かに喜んでもらいたい

 

駆け引きなしの付き合いをしてみたい

 

 

 

定年後の生き方を

 

今までの罪滅ぼしにしたい

 

 

 

そうして選んだ仕事

 

四の五の言わずに人に侍る仕事

 

給料、減るけど仕方がない

 

 

 

それは、介護の仕事です。

 

目の前にいる

 

身体が不自由で

 

言った言葉もすぐに忘れ

 

会話すら通じない

 

でも困っている人

 

 

この人たちの

 

人生の最後の生き様を

 

お手伝いする仕事

 

 

そこに飛び込んだ あおじゅん の

 

生の声もお届けします。

 

 

 

page top