サックスの初心者がリードを選ぶ

サックスを吹こう
DSC_0014

面倒ですよね、サックスのリード選び。

特に初心者の場合あまりにもたくさんありすぎて、何がいいのかさっぱり分かりません。

結論を言えば、吹きやすくて気に入った音色が出るリードが、あなたにとって一番いいリードです。

リードの特徴は、楽器屋さんのサイトを見れば、各メーカーの各ブランドごとに事細かく書いてあります。

それをそのまま読んでいたら、目移りばかりで余計に混乱してきます。

そこで、ここではリード選びの時の考え方を中心に書くことにしました。

そのうえで、細かいリードの特徴を楽器屋さんのサイトで調べれば、かなり選びやすくなると思いますよ。

サックスでリード選びは最初の関門

リードが無ければ、サックスは音が出せません。

サックスの教則本を見るとどの本にも、ほぼ同じことが書いてあります。

バンドーレン (青箱) の2・1/2    でしょ ?

たしかにバンドーレンの青箱は世界中で一番使っている人が多いようですし、あの渡辺貞夫さんもバンドーレン青箱です。

 

まあ、いろいろな意味があってそれがお勧めなのでしょうが、初心者 それもある程度高齢になってから始める人にとっては、バンドーレン青箱のこの番手は『きつい』と感じる人が多いはずです。

せっかく手に入れた憧れのサックス、「サックスってこんなにきついんだ」って最初から思いたくないんですよね。

『趣味で始める楽しい楽器演奏』なのですから、きつくてはいけないのです。

吹くのが苦痛では意味が無いのです。

 

リードの番手は、一応 1から 5まであるようです。

1も5も売ってるとこを見たことは無いのですが、あるそうです。

それで、1が一番柔らかく (薄いと表現したりします)  5が一番固い (厚いとも表現します)

また、その数字の中間をとって 1/2 が振り分けられているんです。

2・1/2 できついのなら、それより柔らかいのを買えばいいじゃん !    なのですが、

メーカーで、そのブランドで、同じ数字でも固さが違うんです。

そしてメーカーやブランドで音色も違います。

明るい音だったり暗い音だったり、なめらかで柔らかい感じだったり雑味があって重い感じだったり。

固いリードのほうがしっかりした音が出ると主張する人もいます。

ますますわからなくなりますね。

 

出来れば箱では買わないで、バラ売りがお勧め

そこでお勧めなのは、リードをひと箱で買わないで、バラ売りを買ってくる というものです。

バラ売りは、どこのお店でもやってるわけではありません。

有名な楽器店さんでは、島村楽器さんがバラで売ってくれます。

通販なら楽天で買えますよ、もちろん割高ですが ・・・。

箱で買うと10枚入りで3,000円や4,000円くらいはしますから

買ってから「自分に合わない」ではたまりません。

それにリードは、自然の植物である”葦” の仲間の “ケーン” から作るので、全部が同じ品質とはいきません。

一箱10枚の中に、自分に合った使えるリードが 1枚しかなかった なんてこともあり得ます。

ある意味、リード買いは “ばくち” みたいなところがあります(笑)

でもバラ売りなら、300円から600円前後で買えます。

2枚買って、その感覚の平均がこのリードなんだと思えばいいですよね。

気に入ればそのあとから箱で買えばいいんです。

気に入らなければ、違うリードをバラで買いましょう。

 

何度か繰り返しているうちに、自分の気に入るリードと出会えますよ。

何でもいいや って人もいますから、その人はそれでいいと思います。

 

今の自分に吹きやすいリードが一番

人に聴かせるためのサックスではありません。

お金をもらうためのサックス演奏をするつもりもありませんし、そもそもできません。

自分が楽しむためですので、プロのように理想の音色のために無理して苦しいリードで吹く必要はありません。

吹きたいときに、気楽に吹くことが出来て、吹くことを楽しめれば最高です

ですので、”巷の定番” に沿った行動をする必要もないのです。

自分が吹きやすく、まあまあ気に入った音色が出ていればそれが一番なのです。

 

意外と多い、リード難民

リード難民と言う言葉を聞いたことありますか ?

目移りしてばかりで、自分のリードが固定できない人たちのことを言います。

リードの解説文を読むと、そのリードの特徴ばかりが書かれています。

「こっちのリードのほうが良さそうだ」ってなるんですね。

 

形から入るサッカー少年が、いいスパイクを手に入れれば、一流のプレーができると錯覚してしまうのと同じです。

自分の音が決まっていないような初心者は、何で吹いても同じような汚い音しか出ません(笑)

家族や周りの人が聴くとうるさくて耳障りなだけの音です。

自分だけが、ちょっと違うと感じるんです。

ちょっとは違うと思いますが、買い替えるほど違いは出ません。

明日になれば、同じ設定でもまた違う音を出すようなレベルの初心者なのですから。

 

私なんか何箱違うのを買ったことか !

マウスピースもそうです。

素人が吹いても音に違いは出るには出るのですが、そもそも唇の形 (アンブシュア) も決まってないのに、マウスピースに拘っても仕方ないことなんですね。

まさに私は、少年サッカーの “形から入る” パターンでした。

 

リードもマウスピースも、一つの種類で吹き続けてそれを吹きこなしてこそ、他との違いを表現できるようになります。

結局、今の自分が楽しく吹けるものでしばらくの間は練習していこう。  です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました