廉価版サックスと高級サックスとの違い

サックスを吹こう

違いは明らか、見方を知れば素人でもわかります。

「サックスを吹きたい」に より多く応えてくれるのは、高級サックスです。

とは言え、趣味で始めるサックス

いつまで続けられるか分からない

吹けるようになるのかさえ分からない

値段は様々だけど、最初からお金かけたくないんだよね。

廉価版の安いサックスと有名メーカーの高級サックス

何がどう違うのでしょうか ?

廉価版のサックスじゃダメなの ?

ここでは本当の廉価版として 5万円以下のサックスを対象にします。

5万円しないサックスでも、ぱっと見は同じですよね。

音が出ないのか というと、ちゃんと出ます。

実は私も、最初に買ったサックスは 47,000円だったんですよ。

なぜ安くできるのか

機械を使うとしても、全く人の手がかからないことはありません。

安く上げようとすれば、人件費を安くします。

人件費の安い国で作るということが基本です。

安く作るためには、材料も安く仕入れられる金属となります。

ホールを押さえるタンポも皮なんぞは使いません。

指を乗せるキーも貝ではなくプラスチックです。

付属のマウスピースなんて、形が似てるだけです(笑)

売られているマウスピースは、エボナイトを材料に含みますが

廉価版サックスに付属されるマウスピースは

見るからにプラスチック製です。

需要があるから作る

ではなぜ、品質がそれなりの楽器をわざわざ作るのでしょう。

それは、ちゃんと需要があるからです。

作れば売れるからです。

なぜ売れるかと言うと、これで十分だと思う人がいるからです。

吹けないくらいにひどいのか

ちゃんと吹けます。

サックスの音が鳴ります。

物によっての個体差は大きいと思えます。

別の言い方をすれば、当たり外れの差が大きい。

一番下の音が出にくいとか、キーが硬いとか

キーによって硬さが違うとか、

個性が強すぎる面もありますが、

サックスの音域の範囲内の曲であれば、一応演奏できます。

買うときの注意点

ちなみに

廉価版のサックスは、リペアさんのところに持って行っても断られます。

その楽器専用の部品を調達できないこともあるからだそうですが、

本音では、材質や金属同士のくっつけ方が悪かったりで、

別のところが ポロッ と取れたり、余計壊れることを恐れるのだそうです。

売っているお店でリペアしてくれるならそれがいいのですが、

このクラスの楽器は、ネットショップがメインとなりますので、

「送ってくれれば調整も修理もします」と明記されているショップで買うことをお勧めします。

メーカー保証なんて無いことの方が多いですから、

販売店保証があるかどうかも大事です。

ショップによっては、『通常の使用に於いての故障に限り、1年間は無料で修理します』 と

書いてあるところもありますし、

メールなどで問い合わせてみるのも必要かと思います。

高級サックスってどこが違うの 

冒頭に、見方を知れば素人でも分かると書きました。

そこで、その見方について書いていきますね。

私は家の中に、最初に買った 47,000円のサックスと

後で買った ヤマハのカスタムモデル (82Z) とがあったので、

比較することが出来ましたが、

通常は、リアルな店舗にはそんな廉価版は売ってないことが多いので、

店舗ではなかなか手にとっての比較が出来ないのが困りますよね。

持っただけで違う

人の手はとても敏感です。

廉価版のサックスは、重く分厚いです。

薄く延ばすと、強度を保てない金属かもしれませんし、

薄く延ばすのには工賃がかかるのかもしれません。

キーを閉じたり開けたりしてみると

サックスを普通に持って、それぞれの指を所定のポジションにおいて、

上のキーから順番に閉じてみます。

すると、廉価版サックスは、閉じる音がポコポコ鳴るだけですが、

ちゃんとしたサックスは、閉じる時の音が『音階』になって響きます。

上から、ドシラソファミレド と下がって聞こえますよ。

管体の響きが、全く別物と言うことです。

爪でちょこっと管体を叩いた時の音も違います。

コツコツではなく、コンコンと響く感じです。

素人が吹いてもそれなりに響く

これは上手い人ほど顕著に出るのではないかと思いますが、

私レベルが吹いても感じます。

音の余韻と言いますか、『鳴ってる』って感じ方が違うんです。

また、廉価版は 音が1m くらい先で地面に落ちる感じですが、

ちゃんとしたサックスは、10m くらいは飛んでいく感じです。

初心者にはどちらがいいの ?

あなたがどのくらい本気かによります。

『サックス』であればいい と言うお気持ちなら、

廉価版でも楽しめると思います。

ですが、まだ先はどうなるか分からないものの

そこそこのレベルの物を買っておきたい と言うのでしたら

10万円台のサックスを購入しておくといいと思います。

ヤマハにもその価格帯がありますし、

有名楽器店独自のブランドとして

下倉楽器ならMARCATO (マルカート)

複数のプロ奏者がリーズナブルで高品質だとお勧めしています。

  私はマルカートのソプラノサックスを持っています。

島村楽器ならFesti (フェスティ) シリーズ

いずれも楽器を売るのが専門のお店ですから、

変な品質の物を自社ブランドにはしません。

もちろん、セルマーやヤナギサワ、ヤマハなどの

トップブランド製品と比べるとかわいそうですが

リペアもOKですし、そもそも楽器店にリペア部隊を持ってますから

安心して購入されていいかと思います。

もし、趣味としてずっと吹き続けるつもり と言うのでしたら、

30万円以上の高級なものを手にされるのが一番です。

基本的に、いい楽器と言うのは吹きやすいです。

鳴り方も、奏者に合わせて成長してくれます。

それも限界は無く成長していくと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました